SYSCOM 株式会社シスコム

contents.

環境省 フロン排出抑制法推進支援部門

ホーム > 環境省 フロン排出抑制法推進支援部門

フロン類の仕様の合理化及び管理の適正化に関する法律

「フロン排出抑制法」平成27年4月施工!

地球温暖化とオゾン層破壊の鯨飲となるフロン類(CFC,HCFC,HFC)の排出抑制のため、業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器の管理者(所有者など)には機器及びフロン類の適切な管理が義務付けられます。

  • 点検

    ・簡易点検
    ・定期点検
    (機器が一定以上の場合)

  • 記録

    点検及び整備内容から
    機器を破棄するまでの
    記録を保存

  • 報告

    漏えい量が
    1,000t-CO2
    以上の場合

管理者(機器の所有者など)の義務になります。

フロン排出抑制法に基づく機器の点検は、以下の2つの方法があります。

  • 全ての業務用のエアコン・冷凍冷蔵器を対象とした簡易点検(製品外観の目視確認など)
  • 一定規模以上の業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器を対象とした定期点検(専門家による点検)

なお、法に基づく定期点検の対象及び点検頻度は下記の通りです。

フロン排出抑制法の義務に違反した者に対しては、以下のような罰則があります。

フロン類をみだりに放出した場合
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
機器の仕様・排気塔に関する義務について、都道府県知事の命令に違反した場合
50万円以下の罰金
算定漏えい量の未報告・虚偽報告の場合
10万円以下の過料

Copyright (C)2002-2016 Syscom Co.,Ltd. All rights reserved